冷却塔整備のポイント
冷却塔の役割
冷却塔(クーリングタワー)は、空調機器内の冷却 装置に使用される冷却水を効率よく冷却し、再利用 するために設置されています。
冷却装置で使用された冷却水は温度が上昇しています。
温度が上昇した冷却水は、この冷却塔に送られ、ここ で送風機により強制的に送り込まれた外気と混合され、 水の温度を下げ、再び冷却装置に送られます。
冷却塔は、冷却水を効率よく降温させ、循環利用する ために、とても重要な働きをしています。
点検・診断・補修
冷却塔には、上記のような役割を発揮するために多く の部品が使われ、それぞれの部品が大切な役目を果た しています。
しかしながら、部品には個別の寿命があり、快適環境 の維持のためには、各部品が確実に機能していること が大前提となります。
タニヤマエンジニアリングでは、詳細に点検・診断を 行い、不具合箇所を早期発見することによって冷却塔 を長持ちさせます。
万一、不具合箇所が発見された場合は、お客様と相談 し、修理・補修又は部品交換をさせていただきます。


お電話でも受け付けております
 

Copyright(c) 2012-2015 Taniyama Engineering Corporation. All Rights Reserved.   maintenance by e-netservice